衆議院議員総選挙とは?

衆議院議員総選挙とは?

総定数480人の衆議院議員を選ぶ国政選挙のことです。
衆議院議員の任期満了(4年)または、衆議院が解散となった場合に行われます。
有権者は、投票日に小選挙区選挙(300人)と比例代表選挙(180人)の2つの選挙に投票します。

<小選挙区選挙とは?>

全国を300の選挙区に分けて、1選挙区から1人の議員を選ぶ選挙のことです。
有権者は候補者名を記載して投票し、得票数の最も多い候補者が当選人となります。

<比例代表選挙とは?>

全国を11の選挙区(ブロック)に分けて、その選挙区ごとに政党を選ぶ選挙のことです。
有権者は政党名を記載して投票し、政党の得票数に応じた数の名簿登載者が当選人となります。

※衆議院の「一票の格差」を是正するため、小選挙区の議席数を「0増5減」する衆院選挙制度改革法が11月16日に可決、成立しましたが、新たな選挙区の区割りが間に合わないため、12月16日の第46回衆院選は従前どおりの選挙区で行われます。

立候補の状況

   第41回 第42回 第43回 第44回 第45回 第46回
小選挙区選挙 立候補者数 1,261 1,199 1,026 989 1,139 1,504
比例代表選挙 名簿届出政党等の数 9 10 5 8 12 12
名簿登載者数 808 904 745 778 888 1,117

第45回衆院選結果

  議席数 議席率 公示前
議席数
解散時
議席数
民主党 308 64% 115 112
社民党 7 1% 7 7
国民新党 3 1% 4 5
自民党 119 25% 300 303
公明党 21 4% 31 31
共産党 9 2% 9 9
みんなの党 5 1% 4
新党日本 1 0% 0 0
新党大地 1 0% 1 1
その他 6 1% 7 10
合計 480 100% 478
(欠員2)
478
(欠員2)