これまでの衆院選意識調査データ

選挙関心度(衆議院議員総選挙)

選挙関心度(衆議院議員総選挙)

「平成24年12月の衆院選について、あなた自身は、どれくらい関心がありましたか」

第46回の調査対象者の42.5%が「非常に関心をもった」、38.6%が「多少は関心をもった」、14.3%が「ほとんど関心をもたなかった」、4.5%が「全く関心をもたなかった、わからない」と回答しており、大多数の回答者が関心を持っていたことがわかる。しかし、過去の調査と比較して見ると、「非常に関心をもった」割合は、第44回より多いが、政権交代選挙となった第45回より約16ポイント減少している。
 
選挙関心度(衆議院議員総選挙)
 

選挙関心度(第46回・年代別)

選挙関心度(第46回・年代別)

ホームメニュートップページトップ