投票に迷ったら

政策を比べてみよう

 候補者の政策が載っている「選挙公報」は、選挙管理委員会により新聞折り込み等で配布されたり、公民館や図書館などでも閲覧できるほか、選管のホームページにも掲載されます(但し、知事選挙以外は各都道府県、市区町村の条例により発行されます)。また、同様の「ビラ(マニフェスト)」は、候補者等が行う街頭演説の場所や選挙事務所内など限られた場所で配布されます(但し、各都道府県、市区町村の条例により作成されます(町村議選を除く))。
 でも候補者が掲げる選挙公約の全てを比較するのはなかなか難しいですよね。 そこで例えば、総務省・文部科学省作成の高校生向け副教材「私たちが拓く日本の未来」に例示されている、政策比較用ワークシート(下記66~67頁)を用い、子育て支援や医療・介護など関心のある分野から比較してみてはいかがでしょうか?

→「私たちが拓く日本の未来」(生徒用副教材)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/senkyo_nenrei/01.html

メディアリテラシーのこと

 メディアリテラシーとは、情報を鵜呑みにせず、比較・検討し、自分なりの考察を加えるなどして情報を吟味する力のことです。
 特にインターネット上の情報には、いわゆるフェイクニュースなども散見されるため、注意が必要です。
 メディアリテラシーを身に付けるには、例えば新聞を読む際に一紙だけではなく、図書館などで複数紙を読み比べる、または友達と話題のニュースについて話し合うなどして、色々な意見等があることを知り、自分なりの考えを持つようにしていくことが大切です。

→情報誌Voters No.6特集「メディアリテラシー」
(http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2012/08/V6.pdf)

→情報誌Voters No.46特集「「ネット情報」を知る」
(http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/vol46.pdf)